福岡市都心部を中心に賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理を行っているGood(グッド)不動産です。

スタッフブログ

スタッフブログ

2017/09/19

カンボジア現地法人との業務提携を通じて

この度、Goodグループの一員である㈱GoodLife福岡は、業務効率効率化を図る為、
カンボジア現地法人である『Rare Wings Co.,Ltd.』 と業務提携を行いました。
現地支援(子供たちへの教育支援)も兼ねての試みです。
向かって左側(握手している方)が現地法人CEOの岡本氏と右側が弊社代表の牧野です。
二人を囲んでいるのが現地メンバーの方々です。
実際に、カンボジアを訪れ、現地の文化・歴史・教育・環境を目の当たりにし、
本当に本当に僅かですが、カンボジアという国を理解する事が出来ました。
一緒に働くパートナーの文化等を知ることは重要な事だと思います。)
ここで少しだけ皆様にカンボジアで実際に触れた事(事実)をお伝えさせて頂きます。
キリングフィールド・トゥールスレン(S-21)という言葉を聞かれたことはありますか?
【キリングフィールド】本当は、皆様へ別の写真をご覧頂きたい思いがありますが、
刺激が強すぎので、掲載を控えさせて頂きます。
【トゥールスレン】
1975年~1979年(私自身が生まれた年が1976年)の約4年間の歳月の中でクメール・ルージュの
ポル・ポト政権下では、知識人層の根絶を目指し、総人口約800万人の内、約300万人が
拷問・虐殺されたと聞きました。
知識人層とは・・・教育を受けている人は別に、『眼鏡をかけている人』『手がきれいな人』等も
含まれています。その大量虐殺が僅か40年前程に行われていたという事実を『キリングフィールド』と
『トゥールスレン』で体験しました。書いている今でも、事実と向き合う事に抵抗がある程、
心が重くなる体験です。
そんな中で、私達は、もうひとつの目的である孤児院(フリースクール)へ訪問しました。
屈託ない子供達の笑顔で、私達も自然と笑顔を返すことが出来ました。
(笑顔は世界の共通言語です!!)
今更ながら、当然に教育を受ける事ができた環境の素晴らしさが身に沁みる同時に、
可能性やチャンスはいつも身近にあり、手を伸ばせば届く環境にあると再認識する事ができました。
日本から遠く離れていたとしても、僅かではありますが、子供たちの未来のお手伝いが
出来ればと思います。
Post to Twitter
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

«  | 一覧に戻る |  »

Copyright ( c ) Good FUDOUSAN inc. All Rights Reserved.